着物+袴:kimono+hakama

 

 

 

明治時代、女子高等学校から始まった女子袴姿が現在では、卒業式の和装として定着います。

女子袴の歴史は浅く、元は男性の股のあるものを、女性用に行灯型(スカートのような形状)に作り変えたのです。

当時の生活スタイルにあい、爆発的に流行したものです。

 

卒業式には、この袴と着物を組み合わせます。

着物の袖は好みもありますが、2尺袖が一般的です。

Galleryさくらでは、中振袖かアンティークの小紋や散歩着で対応しています。