礼装/正装:formal&semiformal

留袖:tomesode

留袖の特徴は左右の裾〔すそ〕の部分(褄〔つま〕)にのみ模様を配していること、袖の振りが小さいことです。この2つが、振袖とは大きく異なる点です。未婚女性の場合は好きな相手がいると振袖を着て愛情表現をしましたが、結婚するとその必要がなくなるので袖を留めます。留袖をする、ということは娘が女性へ、女性が妻へと成長した事を表す面白い風習です。袖を落とす際に切るという言葉を使うと「縁を切る」という意味に繋がるため、「袖を留める」「留袖」と言います。
黒留袖には背中、前の左右、袖の左右の5つに家紋が入っています(五ツ紋)。この紋が5つ入った留袖は主に、身内の結婚式やお宮参りなどに着用されます。着用する場面に応じて紋の数や着物と下襲〔したがさね〕(上衣の下に着る着物)の組み合わせ方が変化します。

江戸時代から、女性が18歳になった時や結婚した時には、女性がそれまで着ていた振袖の袖を切って短くしたといわれ、この風習が「留袖」と言われています。このように、留袖は単なる風習として、既婚女性が普段着用する着物のことを指しました。しかし19世紀の初め頃から、黒染めに5つの紋を入れ、裾のみに模様を配した着物を既婚女性の式服(結婚式や謝恩会などの正式な場に着用する着物)とする習慣が民間に広まり、以来この着物を主に留袖と呼ぶようになり、留袖は普段着から最も格の高い着物へと変化しました。

黒留袖と色留袖の着用法は以下のように分けられます。

黒留袖・・・黒留袖は格式が高いので結婚式や披露宴の時のみに着用します。結婚式でも仲人の奥さん・新郎新婦の親姉妹などの近親者に限られます。紋を5つ入れ、衿〔えり〕・裾が2枚に見える(比翼仕立て)ようにして着用します。

色留袖・・・色留袖は黒留袖ほど決まった形ではなく、未婚・既婚を問わず着用できます。着用の場によって紋の数や、比翼仕立てにするかしないかなどが変わります。色留袖は留袖よりは気楽といえども格式が高く、場に合わせて着る事が難しいという印象を受けます。しかし、現在は余り堅苦しくならずに、家族や近親者へのまっすぐなお祝いの気持ちさえあればどのような場でも色留袖を着用することが可能になりつつあるようです。

この他に、女性が留袖にするために切り落とした振袖の袖は、保存しておき、第1子が産まれた際に産着として着用させるという風習もありました。

 

 


訪問着:houmonngi

洋装のVisitingdress〔ビジティングドレス〕(昼間の礼装、社交着)と同じという意識から、訪問着という呼び名が付きました。鶴、亀、鳳凰〔ほうおう〕など縁起の良い模様(古典模様)を多くあしらったものから、モダンな柄などその種類は実に様々です。


訪問着は気軽に格式あるお洒落が楽しめる着物なので、長く着られて飽きない1枚を一番初めに購入することが大切です。訪問着が誕生したのは最近のことです。大正時代まで、着物といえば総柄模様(全体に模様を配したもの)か、裾模様(両方の裾に模様が配してあるもの)の派手すぎるか地味すぎるかの2種類に分かれました。しかし次第に、気軽にパーティーや観劇などに着物を着て行きたいという女性の声が高まり、日本橋にある三越デパートが初めて「訪問服」という名の着物を発売しました。これが今の訪問着の原点と言われています。このような振袖程派手でもなく、普段着程地味でもない着物が発売され、瞬く間に訪問着は流行となり、他のデパートもこぞって訪問着を発売しました。その頃、訪問着の名称は特に決まっていなかったので、「社交服」「プロムナード(散歩服)」などの名称で販売されていました。

古典模様の訪問着に1つだけ紋を付け、飾りものの衿(伊達衿〔だてえり〕)を重ねるなどすれば、結婚式のゲストなどのあらたまった装いとなります。また、モダンな柄や紬〔つむぎ〕の訪問着はパーティーや観劇など少し格式ばらずにおしゃれをしたい時に便利です。
訪問着には様々な柄があり、初めて選ぶ際にはどうしても迷ってしまい地味すぎたり派手すぎたりとなりがちです。訪問着を選ぶ際には自分の好みの色だけに偏らず、必ず顔に当てて着物との映り具合を確かめましょう。


色無地:iromuji

色無地は無地であるにも関わらず、品格と華やかさを兼ね備えた便利な着物です。色無地が1枚あれば、子供の入卒式や七五三、茶席や友人・知人の披露宴・結婚式にまで幅広く着用できます。そのため、嫁入りの着物としてまず色無地を選ぶ人が多いようです。色無地は元となる生地の選び方を間違えなければ数回染め直して着用できるので、1枚の着物で数枚分の色合わせが楽しめます。

江戸時代末期、庄屋の主人のお供をする使用人の女子供は、あらたまった時には必ず紋付きの色無地を着せられていました。大正時代には紋付きの色無地が礼装(現在の振袖や留袖と同じ格式)とされていました。しかし、庶民の間で色無地の着用が目立ち始めたのは、戦後になってからのことです。教育制度の普及にともない、入学・卒業式に参加する母親が増え、次第に色無地の着用が目立ち始めました。

色無地の着物は白無地の着物を好きな色に染めたものが基本です。
結婚式のような慶事の場合は明るく華やかな色を、慶弔両用には赤系以外の色を選びます。帯締めなどの小物を白で統一し、帯は礼装用のものを合わせると留袖と同じ格式になります。色無地を選ぶには幾つかポイントがあり、最初の色無地は少し渋めの中間色や淡色を選ぶと以後様々なシーンに活用できます。
紋についてですが、紋付けは染めるときに紋の部分を白く残しておく(抜き一ツ紋)方法が基本ですが、最近では後から縫い付ける(縫い一ツ紋)ようにした方が、着用の幅が広がるとされています。

model:フリーアナウンサー「岬 まき」

撮影協力:たかはしよしこ