お洒落着/普段着:casual

小紋:komon

繰り返しの小さな模様を型染めしたもの、または手書きで描かれた着物を小紋(の着物)と言います。小紋の着物は訪問着や付下げと違い、不規則な模様が描かれているため、反物の状態では上下の区別がつきません。

江戸小紋柄は、武士の裃〔かみしも〕がルーツの「裃小紋〔かみしもこもん〕」と町人文化から生まれた「いわれ小紋」に大きく分けられます。江戸小紋は主に型紙を使って染めますが、細かい柄になるほど型を彫るにも染めるにも高い技術が必要になります。その高度な技術を用いて作られた細かい柄こそ江戸小紋の大きな特徴です。柄があまりに細かいため、布地から2、3歩離れると無地のように見えます。江戸小紋のルーツは武士の裃にあると言われています。江戸時代には将軍家を筆頭に各藩は競って特定の柄を定め、藩のシンボルとしていました。これは、現代のユニホームと同じで、一目でどこの藩の武士か分かるという意味合いを含んでいました。

現在小紋柄と言われているものは元々は武家の家紋だったものです。江戸中期頃から、庶民の間でも着物や羽織に小紋を染めるのが流行し、動植物を抽象化した柄の他、縁起をかついだり、語呂合わせを模様にした遊び心のある様々な柄が数多く生まれました(いわれ小紋)。江戸時代から明治に移り、現在に至るまでに、江戸時代の流行だった渋くて地味な小紋はしだいに大きく、色鮮やかになり、友禅染めのような華やかさを持つ小紋も現れるようになりました。これを友禅小紋と呼びます

小紋の着物は、その華やかさから、訪問・観劇・パーティーなどに幅広く手軽に着られる着物です。着用する帯などは特に定まっておらず、自由に楽しみながら着物を着ることができます。すっきりと大人っぽい江戸小紋、色とりどりでみやびな友禅小紋(京小紋)、エキゾチックな柄を型押しした紅型〔びんがた〕など一口に小紋と言っても様々な種類があるため、目的に合わせた着こなしができます。

 


紬/お召:tumugi&omeshi

紬とは蚕〔かいこ〕の繭〔まゆ〕から糸を取り出し、より(ひねり)をかけて丈夫な糸に仕上げて織った絹織物のことです。紬は織物の中で最も渋く、深い味わいを持つ着物で、着物通の人が好む織物と言われています。世界一緻密な織物とも言われ、最近では普段着としての着物からおしゃれ着へと変化を遂げつつあります。

紬は大きく3種類に分類できます。

結城紬・大島紬…最高級品とされる紬の着物で、制作に1年かかるといわれます。あまりに高価なため、若い人が着用することはあまりありません。日本の古典的な幾何学模様などを始め、伝統的な模様が多く制作されています。

米沢紬・上田紬・郡上紬・塩沢紬など…カジュアルな格子柄や縞模様の着物で、普段着として楽しめるラフな着物です。

色無地の紬…1色で染めた布地に一ツ紋を入れた紬です。元々は着物を極めた年配の方が着用する場面が多かったようですが、最近では初心者でも着こなしやすいという理由で若い世代にも人気があります。

 

 

 

 

 

御召は紬や絣などと同じく織の着物です。西陣や白鷹、塩沢などの各産地や織り上げ方法ごとに、柄や風合いに特徴が出ます。
御召には次のような種類があります。

■絣御召〔かすりおめし〕
絣柄を織り出した御召のことで、入卒式などに見かける矢羽根柄(矢絣)の御召はこれにあたります。矢絣のほか「立湧〔たちわき〕」「井桁〔いげた〕」など、単純で分かり易い柄が多いことが特徴です。

■縞御召〔しまおめし〕
様々な縞模様を織り出した御召のことで、徳川家斉〔いえなり〕の御召物とされた柳条縞緬〔りゅうじょうちりめん〕がその起源とされます。その美しい縞模様は年齢、男女の区別なく愛されています。

■羽ニ重〔はぶたえ〕
質の良い糸が使われるため光沢があり、肌ざわりの良い御召です。初期の頃は白地のまま使われる事が多く、下着の重ねや貴族、上級武士の寝巻き、白装束などに用いられていました。最近では喪服や男性の正装など黒い色が中心に着用されています。